躁鬱病は早期検査で早めに治療に取り組もう

確実に!!治していきましょう!!

光トポグラフィーとは

悩む人達

近赤外光

躁鬱病の検査方法として現在多くの病院で採用されているものに光トポグラフィー検査というものがあります。これは、鬱病全般の検査にも採用されている方法で、現段階では最新の医療技術といえます。この検査では、近赤外光を利用して前頭葉の血流のパターンを測定します。躁鬱病では脳の働きや伝達方法の異常も1つの原因だとされているので、この検査によって脳の動きを調べることで、躁鬱病なのか診断することができます。血流のパターンは健康な人と鬱病、躁鬱病の人とパターンがそれぞれ異なるので、その病気の典型パターンに近い血流かどうかで判断されます。しかしながら、光トポグラフィーのみを検査に用いることは少なく、正しい診断を補助する役割として使用されています。検査の前には、医師が充分な問診を行ないます。その結果に加えて光トポグラフィーの結果をみて総合的に判断します。

簡単にできる

光トポグラフィーでは使用する光は、身体に害がないので、これを受けることによって副作用がでる心配もありません。世界的にみても安全性が認められているので、躁鬱病の診断を受ける際に、この機械が病院にあるのであれば積極的に検査してもらうのが良いでしょう。この検査方法を採用している病院では、診療予約の電話をする際に、光トポグラフィーの予約をすることが可能です。また、来院し、医師から機械の説明や方法を受けて検査に入りますが、この時に躁鬱病について相談してみるのも良いでしょう。この方法は頭に装置を取り付けてから、質問に対して答えるという簡単な方法ですが、質問に答える時の血流で検査結果が変わります。検査結果も当日に知ることが可能なので、再度、来院する必要もありません。光トポグラフィー検査によってより正しい診断に近づけることができるので、躁鬱病の可能性が有る人は受けておくと良いでしょう。

躁鬱病の過去と現在そして未来

躁鬱病とは、明るく自信満々で無限なほど元気な状態である躁状態と、何もやる気がおきない、できない鬱状態が周期的に交代する気分の障害です。対比する躁と鬱の二面性が起こることから、最近は双極制障害と呼ばれることが多くなっています。 この躁鬱病は、うつ病も同様ですが厳密には原因が特定されていない病です。その歴史は古く、紀元前のギリシャや2世紀のローマ時代にも記録があります。病として確立したのは19世紀で、この当時はうつ病と同様に見られていましたが、現在ではうつ病と躁鬱病と分けられ、治療法もうつ病とは異なります。 一方で、うつ病と躁鬱病は区別がつきにくく、診察や治療を進めるうちに、うつ病が実は躁鬱病であったり、躁鬱病が実はうつ病であったという診断になる事態も起きています。まだまだ診断が難しい病のため、診断や診察だけでなく、検査のための機器が開発され、進歩しています。これらの検査機器の発展が、適切な診断を促すよう期待されています。

診断や診察についての基礎

躁鬱病は、うつ病と症状が似ており、現場の臨床医であっても、診断を間違えてしまう自体が起こることがあります。これは昔から伝統的に、うつ病自体に周期的に鬱状態が出る事を基本として、躁状態が出る患者と出ない患者がいるという認識をしていたためで、現代でもうつ病と躁鬱病を診断を間違えてしまう事態が起きてしまうのです。 また、診察前に仕事などで徹夜をしてしまったり、診察までにストレスをためてしまうなど負担がかかると、自己防衛反応をしてしまい、実際の症状とは異なる行動を起こし、医師による診断を誤ってしまう事態になってしまいます。 そのため臨床医師は、診断と検査および診断には、長期的な診察と検査をおこない、柔軟な判断するようになっています。また患者にも、柔軟性が必要な場合もあり、例えば効果があまり見られない場合には、複数の医師による診断、セカンドオピニオンを活用する必要があります。

↑ PAGE TOP