躁鬱病は早期検査で早めに治療に取り組もう

確実に!!治していきましょう!!

検査や治療費用

鬱な女性

無料な場合もある

躁鬱病の検査をする際、機械での検査だけでなく、問診が非常に重要です。ほとんどの場合、初診にかなりの時間をかけます。初診は、その心療内科と患者の信頼関係を築き上げる最初のステップとなります。たいていの患者はこの初診でこれまでの経緯や症状を説明し、医師もそれに基づいて今度の精神治療などを考えます。躁鬱病の場合、臨床心理士が患者の話を聞き、それに基づいて医師が薬処方の判断をするという場合が多くあります。場所によっては、初診の料金はかからず、料金が発生するのは光トポグラフィーなどの検査費用だけということもあります。光トポグラフィーだけであれば1万3千円前後で検査を受けることが可能です。

通院での料金

躁鬱病と診断され、治療を続ける場合、処方される薬とカウンセリングや機械を用いた治療にお金がかかります。躁鬱病の治療方法としては現在磁気刺激治療という方法で、脳に時期で刺激を与えて活動を回復させる方法がありますが、この方法を用いる場合、5万円から6万円前後で治療してもらうことが可能です。この治療方法は副作用がほとんどないため、初診の検査で躁鬱病と診断された場合には、通院時にこの治療方法を用いる人も少なくありません。他にも診断書発行に手数料がかかる場合や、治療終了後にまだ臨床心理士によるカウンセリングを受けたいという場合に料金がかかることがあります。基本的に診療内科で検査や治療を続ける場合、精神的なケアに料金がかかることは少なく、実際の治療や検査機械の使用料のみに料金が発生します。

↑ PAGE TOP